頑丈な結婚指輪を作りたいなら

頑丈な結婚指輪

結婚指輪を作るときにはデザインや色などが気になるでしょうが、強度についても考えておくといいです。
頑丈な指輪を作れると日常生活でも気兼ねなくその指輪を使えます。
金属製の指輪ならそれだけで頑丈なのではと思うかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。
素材や指輪のデザインによっては強度が少し弱くなり、変形や破損のリスクが高まります。
頑丈な指輪を作るための条件をいくつかご紹介しましょう。

素材

頑丈な結婚指輪を作るためには、頑丈な素材を使うのが近道です。
結婚指輪の定番の素材となっているプラチナとゴールドで、気をつけたいのは純度です。
純正のプラチナやゴールドは柔らかい金属となり、傷や変形のしやすい指輪となります。
頑丈にするには純度を下げることが大事です。
他の金属を混ぜて強度を上げているプラチナやゴールドを選ぶと比較的頑丈です。

プラチナやゴールドよりもさらに頑丈な素材もあり、こちらもおすすめです。
たとえばチタンは非常に頑丈な素材で、変形や傷の心配がかなり少なくなります。
軽い素材にもなるため、頑丈なのに軽いという結婚指輪になります。
このような素材選びでも指輪の強度は変わりますから、なるべく頑丈な素材を選ぶといいでしょう。

指輪の幅

デザインにも関係する話ですが、その指輪の幅を何ミリにするかを決めるとき、なるべく幅を広くした方が頑丈な指輪となります。
一般的な幅の指輪となるのは、2.5ミリから3ミリです。
少しでも頑丈にしたいなら3ミリを選ぶといいです。
3ミリ以上の幅を選ぶと少し指輪の存在感が強くなりますが、幅を広くするほど頑丈な指輪となります。

気をつけたいのは2ミリ幅の指輪です。
非常に細くて繊細な指輪となり、上品でおしゃれな指輪となりますが、ほかの幅に比べて強度は弱くなりがちです。
頑丈な指輪を希望するときにはあまりおすすめではない幅となります。
このようなことに注意すると比較的頑丈な結婚指輪が手に入りやすくなります。