完全オリジナルの手作り結婚指輪

結婚指輪というものは、基本的に全て手作りであると言えます。
ジュエリーショップで販売しているゴールドやプラチナの指輪も、職人さんの手で加工されています。
作成工程の全てを完全な機械化とすることはできないからです。

しかし、ジュエリーショップの指輪は基本的にデザインが既に完成されてしまっています。
既に完成したデザインの指輪の中から好みのものを選び、サイズ調整したり、文字を刻んだり、という作業を行い、最終的に購入者の手に入る形になりますよね。
同じデザインで仕上げられた指輪も存在している、ある意味での量産品ですので、完全オリジナルとは言い難い結婚指輪となってしまうのは否定できません。
ではいったい、どのような方法ならば、完全オリジナルの手作り結婚指輪を作成することができるのでしょうか?

完全オリジナルの手作り結婚指輪を作成する方法として、まず挙げられるのは、やはりオーダーメイドでしょう。
工房に依頼し、自分の好きなデザインの指輪を職人さんに作ってもらう方法です。
自分がデザインするわけですから、この世に二つとない完全なるオリジナル手作り結婚指輪を手にすることができるのです。
職人さんが作るので、その完成度も非常に高いものとなります。

次に挙げられる完全オリジナルの手作り結婚指輪の作成方法は、自作です。
シルバースプーンなどを加工してアクセサリを作成する人は多いですよね。
結婚指輪もそういった方法で作成することが可能であり、実際に自作の手作り結婚指輪を用意する人は増えています。
自分でデザインするだけでなく、自分で指輪を作ってしまうわけですから、まごうことなき完全オリジナルの手作り結婚指輪となります。

最近では指輪作成キットが販売されていたり、工房で手作り指輪教室を行っていたり、指輪を手作りすることのハードルは下がってきていますよね。
もちろん素人が作成するのだから、オーダーメイドのようなクオリティは期待できません。
傷や凹みが残ることも多いでしょう。
しかしそれらも指輪を作ったという思い出の証となりますので、悪いものではありませんよね。