より愛着ある手作り結婚指輪を

結婚指輪という特別な意味を持った指輪において、もっとも大切なポイントとなるのは「愛着」です。
たしかに、100万円もするようなオーダーメイドの指輪を作ったのであれば、それは特別な指輪となるでしょう。
愛着もわいてくるかもしれません。

しかし、なぜその指輪に愛着がわくのでしょうか?
純度の高いプラチナリングにダイヤモンドをふんだんに埋め込んだからでしょうか?
その道を極めた有名な職人さんに依頼して作ってもらった指輪だからでしょうか?
多くの人にとっての理由は、そうじゃないですよね。

なぜ結婚指輪に愛着を感じるようになるのか、その理由はやはり、「結婚式という神聖な儀式で交わす、夫婦の愛を形にした指輪だから」という人が大多数でしょう。
「結婚後も生涯薬指につけ続ける、体の一部のような存在になった指輪だから」という人も多いですよね。
高価な指輪だから愛着がもてる、という価値観の人は、おそらく少数派でしょう。
つまり、どんな指輪であっても、結婚式で指輪交換し、結婚後も普段から薬指につけ続けていることで、愛着は湧いてくるものなのです。

しかし、そんな特別な結婚指輪を、さらに愛着のあるものにする方法があります。
それが自作の手作り結婚指輪です。

デザインから加工まで、全て自分たちの手で行えば、それ自体が良い思い出になりますよね。
素人が作れば傷や凹みが残ってしまうことも多いでしょう。
ゴールドやプラチナの加工は素人には難しいので、シルバーや真鍮と言った比較的低価格な素材の指輪になってしまうでしょう。
しかし、自分たちの手で手作りした指輪であれば、傷や凹みも思い出の跡となります。
安い素材だからといって、結婚する二人にとっての指輪の価値が下がることはありません。
ジュエリーショップで購入した指輪よりも、オーダーメイドで職人さんに作ってもらった指輪よりも、愛着の強い指輪となることでしょう。

結婚指輪というものの本当の価値を追求したい人は、ぜひ自作の手作り結婚指輪を検討してみてください。