オーダーメイドの手作り結婚指輪

結婚指輪といえば、ジュエリーショップのショーケースの中から好きな指輪を選ぶのが一般的ですよね。
職人さんの手が加わった立派な手作り結婚指輪であり、プロがデザインしたものですので見栄えも素晴らしいです。
しかし予算に余裕のある人は、そういった完成したデザインの手作り結婚指輪ではなく、自分でデザインした手作り結婚指輪を用意することが一般的ですよね。
予算は高くなっても、自分のデザインした手作り結婚指輪を用意するのに最も簡単な方法となるのが、今回の記事で解説する「オーダーメイド」なのです。
今回はオーダーメイドのメリットとデメリットを、簡単にご紹介します。

まずメリットですが、やはりオーダーメイドは非常にデザインの自由度が高いことがメリットとして最初に挙げられます。
自分の好きなデザインを注文し、基本的に職人さんはそのデザインの通りに指輪を仕上げてくれます。
次に挙げられるメリットは、世界に一つの完全オリジナルの手作り結婚指輪が手に入ることです。
ジュエリーショップの指輪の場合、同じデザインの指輪が存在する可能性が高いです。
しかしオーダーメイドならば、同じデザインはまず存在しないでしょう。
注文者自らがデザインするのですから、当然ですよね。

結婚指輪という特別な指輪ですので、オリジナリティを重視する人は多いです。
完全オリジナルの手作り結婚指輪が手に入るのは、非常に大きなメリットと言えます。
自由度が高い、完全オリジナルである、というメリットは、じつは結婚指輪を指輪作成キットなどで自作した場合にも得られるメリットです。
しかし、自作の場合は使用できる素材や、加工可能なデザインに限界がありますよね。
素人の作業ですので、可能な範囲というものは狭くなってしまうのです。
そういった意味では自作以上の自由度となるでしょう。

オーダーメイドのデメリットは、やはり価格相場が高くなることです。
ジュエリーショップの場合は10万円~数十万円が相場となりますが、オーダーメイドの場合は100万円を超えることも珍しくありません。
天井なしの相場となるのです。
しかしそもそもオーダーメイドを考えている人は、それが大きなデメリットにならないからオーダーメイドを検討している人がほとんどです。
実質的にはデメリットではないのかもしれませんね。