手軽に手作り結婚指輪を用意する方法

手作り結婚指輪を用意するにあたって、いかに手軽に用意できるか、というのも非常に重要なポイントになりますよね。
忙しい仕事の合間を縫って、手作り結婚指輪を用意しなければなりません。
加えて結婚式の前は、他にも準備するべきことがたくさんあります。
式場を選んだり、ドレスやタキシードを選んだり、披露宴のプランを考えたり、やることはたっぷりありますよね。
そんな多忙な状況で手作り結婚指輪も用意しなければならないのですから、手軽に用意できるか否かはとても重要になってくるのです。
では実際、手軽に手作り結婚指輪を用意するには、どのような方法が適しているのでしょうか?

まずはやはり、ジュエリーショップで職人さんの手によって作られた手作り結婚指輪を用意する方法です。
この方法であれば、基本的に2回ほどジュエリーショップを訪れるのみの手間で済みます。
最初にショップを訪れ購入する指輪を選び、サイズ調整や掘る文字などを決めます。
そして完成するまで待ち、再びショップを訪れて、仕上がった指輪を受け取るだけです。
もちろんどのショップを選ぶべきか、どの指輪を選ぶべきか、悩んで何度もショップを訪れたり、違うショップを渡り歩いたりすることもあるでしょう。
しかしそれは、どのような手段で手作り結婚指輪を用意するにしても、同じような場面がありますよね。
やはりジュエリーショップで購入するのが、もっとも手軽に手作り結婚指輪を用意する方法であると言えるでしょう。

次に手軽に用意できる方法は、オーダーメイドでしょう。
オーダーメイドの場合、自分が作成に関わる部分がありますよね。
デザインを決めなければなりません。
しかし逆に言うと、それだけの手間なのです。
他の部分はジュエリーショップで購入する場合とほとんど変わりません。

最後は自作です。
これはもっとも手間のかかる、手軽さからかけ離れた対極にある方法と言えるでしょう。
しかし、自分で手作り結婚指輪を作成すれば、それが良い思い出となり、他の方法で用意するよりも思い入れの強い指輪となるというメリットがあります。
故に最近は人気を集めている方法でもあるのです。

少しでも安く手作り結婚指輪を用意するには

結婚指輪を用意するにあたって、多くの人がもっとも問題視するのは、やはり購入費用の問題です。
バブルのころならともかく、最近は若者の低所得が社会問題にもなっているご時世です。
多くのカップルが結婚指輪を用意するにあたって、この問題にぶち当たっているのです。
そんな時代だからこそ、自分たちの手で指輪を作る自作の手作り結婚指輪が人気を得ているのかもしれませんね。
そこで今回は、少しでも安く手作り結婚指輪を用意する方法を解説します。

少しでも安く手作り結婚指輪を用意するには、必然的にその方法は「指輪作成キットを購入する」か「家にある金属素材を加工するか」になります。
なぜこの二択になるのか、は簡単な理由です。
ジュエリーショップで購入した場合は10万円以上かかるのも珍しくありませんし、オーダーメイドなど論外の価格になります。
消去法でこの二つの方法となるのです。

では実際、この二つの方法でどちらが安く手作り結婚指輪を作ることができるのでしょうか?
その答えは、人による、というのが正解となります。

まず、金属カッターやハンマー、バーナー、やすりなど、指輪を作るための工具、そしてシルバーのスプーンやフォークと言った素材が既に家に揃っている人の場合です。
その場合には、やはり家にある金属素材を加工するのが最安の手段となります。
安いというよりも、一切お金がかかりませんよね。
少しでも安く、という部分を最重要視するのであれば、他に選択肢はないでしょう。

しかし工具や素材が家に揃っていない場合、キットを購入した方が安いケースがあります。
工具もそれなりに高いものが多いからです。
たとえば工具を購入し、その工具を指輪作成後も日曜大工で使用する予定があるならば、多少高くなっても良いかもしれません。
しかしそのような用途を予定していないのであれば、キットに付属している簡易的な工具で十分ですよね。
そちらの方が割安になることもあるのです。

つまり少しでも安く手作り結婚指輪を作る際は、工具の購入費用をどう考えるか、が重要になってくると言えるでしょう。

より思い出深い手作り結婚指輪を作るには

手作り結婚指輪を用意するにあたって、その指輪の思い出というものも非常にたいせつになります。
結婚してから数年も経過すると、その指輪をどのように用意したか、どんな風に選んだか、などなど、結婚指輪を見て思い出すことがあるものです。
ジュエリーショップで購入した職人さんの手による手作り結婚指輪の場合であっても、その時代に自分たちがどのような生活をしていたか、毎日どんな話をしていたか、二人でそのお店を訪れたとき帰りに何を食べたか、なんてことまで指輪を見ることで思い出せることもあります。

そんな手作り結婚指輪を、より思い出深いものとするには、やはり自分たちの手で自作するのがおすすめです。
指輪を自作する機会など、普通は人生でそうそうあるものではありませんよね。
二人で一緒に指輪を作れば、その作業そのものがある種のイベントとも言えます。
より思い出深い手作り結婚指輪となることは間違いないでしょう。

もちろん素人が指輪を作れば、プロのように完成度の高い指輪を作れるはずがありません。
形がゆがんでしまったり、へこみができてしまったり、傷が入ってしまったり、プロのものと比較すれば、見栄えは劣ってしまうでしょう。
しかしその見栄えというのは、あくまでも第三者によるものでしかありません。
大切なのは、結婚する当人たちにとって、その指輪がどんな意味を持つ、どんな価値のある指輪なのか、ですよね。
歪んでしまった形も、ハンマーで叩いたときに残ってしまった凹みも、金属カッターがかすってしまった傷も、全てが思い出の跡となります。
他人から見ればただの歪み、凹み、傷であっても、二人にとっては味わい深いものとなるのです。

結婚指輪の価値とは、貴金属や宝石の価値で杓子定規に測れるものではありません。
本当の価値とは、その指輪への愛着です。
それをより一層強くしてくれるのは、長年薬指につけ続け体の一部のように苦楽を共にした思い出、そしてその指輪に初めて出会った時の思い出に他ならないのです。

イベントを利用して手作り結婚指輪を作る

手作り結婚指輪を用意する場合、ジュエリーショップで職人さんの手作りの指輪を用意するか、工房で職人さんにオーダーメイドの指輪を作ってもらうか、が一般的な方法と言えるでしょう。
後者はセレブに多い手段であるとしても、多くの人はこの二つのどちらかを選びます。

しかし最近では自分たちの手によって作られた手作り結婚指輪を用意する人も多いですよね。
キットを利用したり、スプーンやフォークを加工してシルバーリングを作ったり、方法は様々です。
ジュエリーショップで購入したり、オーダーメイドを依頼したりするよりも、はるかに安上がりです。
しかも指輪を作るという行為そのものがある種のイベントとなりますので、思い出深いものとなり、指輪への思い入れも強くなります。

そんな人気の自作結婚指輪を作成するにあたって、あなたがもしも、より完成度の高い手作り結婚指輪を完成させたいのであれば、指輪工房の指輪作成教室を利用するのがおすすめです。
職人さんが手取り足取りフォローしてくれますので、自分だけで作業するよりも遥かに完成度が高くなるのは必然ですよね。

しかし教室に通えば、その分は予算が高くなってしまいます。
自作の手作り結婚指輪を用意する人の多くが、予算の問題もあっての選択ですので、やはり少しでも安く抑えたいですよね。
そこで利用するべきなのが、工房の行っているイベントです。

たとえば軽井沢のとあるジュエリー工房では、イベント期間中のみ、指輪教室の料金が14,000円から10,800円に減額されていました。
シルバーリング二つ分の料金ですので、14,000円でも安いぐらいなのですが、10,800円ともなるとこれはもはやキットの購入金額と変わりません。

このようにイベントを利用することで、より安く、より完成度の高い手作り結婚指輪を自分たちの手で作成することが可能となります。
工房によっては値引き以外のオトクさが得られるイベントを行っていることもありますので、いろいろと比較してみると良いでしょう。

手作り結婚指輪に誕生石

手作り結婚指輪に、誕生石を埋め込む人も多いですよね。
しかし誕生石とは、いったいどんな宝石があるのでしょうか?
今回は1月から12月までの誕生石の中から、有名なものをいくつかご紹介します。

まずは1月はガーネットです。
真実、友愛、忠実を象徴する宝石とされています。
ざくろ石とも呼ばれており赤みがかった宝石のイメージが強いですが、黄、緑、橙、褐色などなど、さまざまな色のものがあります。
硬度も非常に高く、研磨剤として利用されています。
手作り結婚指輪に埋め込む宝石としてはかなり適しているものと言えるでしょう。

次は4月の誕生石、ダイヤモンドです。
言わずと知れた宝石の王様ですね。
グラム当たりの価格としては、この世に存在する物質の中でも3本の指に入ると言われているほど、高価な宝石です。
4月生まれの人は少し予算が高くなってしまいますね。
ダイヤモンドはこの世に存在する天然の物質の中で最高の硬度を誇る鉱物でもありますので、手作り結婚指輪に埋め込むのにも最適な宝石であると言えるのです。

次は5月のエメラルドです。
こちらも非常に高価で、硬度も高い指輪に適した宝石の一つと言えます。
人類史、とくに宗教と深く関わってきた宝石であり、古くから特別な存在として扱われてきた歴史があります。
美しい南国の海をエメラルドグリーンと形容しますが、青とも緑ともいえる美しい輝きを放つ宝石です。

次は7月のルビーです。
ルビーも人類が古くから特別視してきた宝石で、かつてはダイヤモンド以上の価値がある、つまり全ての宝石中で最高の価値を持った宝石とされていた時代もありました。
赤く美しい宝石で、非常に高価ですが硬度も高いので、指輪には非常に適しています。

最後は12月のラピスラズリです。
星空を思わせるような深いブルーの宝石で、人類がもっとも古くから装飾に使用してきた宝石の一つと言われています。
「瑠璃」の名でも有名ですよね。
ツタンカーメンの棺、奈良の正倉院などの装飾にも使用されています。

手作り結婚指輪の相談

手作り結婚指輪を用意するにあたって、いったい何から手を付けてよいのか分からないという人は多いですよね。
そんなとき、誰に相談すれば良いのでしょうか?
今回は手作り結婚指輪の相談相手を予算ごとにご紹介します。

まずはとにかく予算を安く抑えたいというケースの場合です。
この場合、まず検討するべきは当人たちによる自作の手作り結婚指輪であると言えるでしょう。
従って相談するべきは、指輪作成キットを販売しているメーカーです。
インターネットなどで商品を比較して、どんな特徴のある商品なのかを問い合わせてみると良いでしょう。

もう少し予算に余裕があるけれど、10万円も20万円も用意するのは厳しい、いったケースの場合は、工房に相談すると良いかもしれません。
指輪工房では指輪作成教室を開いていることが多いのです。
そういった教室を利用した場合、キットを購入して自作するよりも価格は高くなりますが、10万円を超えるような金額となることは稀です。
工房の中にはゴールドやプラチナといった高価な金属で手作り結婚指輪を作ることができるところもありますが、これは例外と言えるでしょう。

数万円、10万円、20万円といった予算の場合は、ジュエリーショップのスタッフに相談しましょう。
これが手作り結婚指輪を用意するにあたって、一番の定番的な方法であるとも言えます。
お店にどのような指輪が用意されているのか、金属の耐久度はどうなのか、いろいろと情報を引き出すのです。
スタッフの対応力やアフターサービスなども含めて比較すると良いでしょう。
ちなみにジュエリーショップの指輪も職人さんの手で作られているので、立派な手作り結婚指輪であると言えます。

予算に糸目は付けない、という人の場合は、やはりオーダーメイドという方法になることが多いですよね。
その場合も工房に相談しましょう。
自分の希望するデザインが加工可能なデザインなのか、どのような金属を選ぶことができるのか、埋め込める宝石はどういった種類があるのか、などなど、デザインに関わる具体的な内容を相談してみてください。

完成度の高い手作り結婚指輪を目指すなら

手作り結婚指輪を用意するにあたっては、ジュエリーショップで購入する方法、オーダーメイドで依頼する方法、結婚する当人が自作する方法などがありますよね。
これらの方法の中で、より高い完成度の手作り結婚指輪を用意したい場合、どの方法が最適なのでしょうか?
今回はそれを解説してゆきます。

もっとも指輪としての完成度の高い手作り結婚指輪を用意する方法と言えるのは、ジュエリーショップで購入する方法でしょう。
ジュエリーショップで購入する結婚指輪は、基本的にプロがデザインし、プロが加工しています。
その作成工程のほとんどが職人の手で行われますので、指輪の完成度という意味ではこれ以上は無いでしょう。

次に完成度の高い手作り結婚指輪を用意する方法は、オーダーメイドです。
オーダーメイドの場合も、指輪の作成は職人さんの手によって行われますよね。
しかしデザインは主に素人である注文者によって行われます。
デザインというものは単に姿かたちだけではありません。
ベースとなる金属や埋め込まれる宝石の種類と形状との相性などによって、耐久性なども違ってきます。
そこまで計算されて、初めて完成度の高いデザインであると言えるのです。
素人がそこまで考えてデザインすることは不可能に近いでしょう。
故に一から十までプロの手によって作られたジュエリーショップの指輪と比較した場合、指輪としての完成度は少し劣ると言えます。

最後は自作の手作り結婚指輪を用意する方法です。
基本的にデザインも作成作業も素人で行うことになりますので、指輪の完成度は最も低くなる方法と言えるでしょう。
しかし思い入れや愛着がもっとも強くなりやすい方法でもありますので、近年は人気を集めています。
自作の手作り結婚指輪を用意するにあたって少しでも完成度を高くしたいのであれば、工房などの指輪作成教室を利用すると良いでしょう。
職人さんがアドバイスしてくれたり、手伝ってくれたりしますので、手作り結婚指輪の完成度は飛躍的に向上します。

工房で手作り結婚指輪を作る

結婚指輪はジュエリーショップで選んで買うだけが準備方法ではありません。
指輪工房で手作り結婚指輪を作る人も多いのです。
いったい、工房ではどのような方法で手作り結婚指輪を用意することが可能なのでしょうか?

まずはやはり、オーダーメイドですよね。
工房で手作り結婚指輪を用意する場合、多くの人が選択する一般的な方法です。
もちろん価格相場はジュエリーショップで購入する場合よりも跳ね上がりますが、デザインや使用する素材、埋め込む宝石なども意のままとなります。
世界に一つの完全オリジナルの手作り結婚指輪が手に入るのです。
セレブたちにとってはこれが当たり前の方法なのかもしれませんね。

工房で手作り結婚指輪を用意する方法としてもう一つ挙げられるのが、当人の自作による手作り結婚指輪を作成する方法です。
「工房なら職人さんに依頼するしかないのでは?」
と思う人も多いですが、じつは指輪作成教室を開いている工房は非常に多いのです。
この教室に参加することで、自分の手によって手作り結婚指輪を作り上げることが可能となります。

自作の手作り結婚指輪の場合、スプーンやフォークなどからシルバーリングを作ったり、指輪作成キットを購入したり、完全に当人のみで指輪を作成する方法もあります。
もちろんその方が、予算は格段に安く抑えられるでしょう。
しかし、素人の作業には限界がありますよね。
スプーンやフォークなどの柄を指輪の装飾に流用したとしても、それはある意味で他人がデザインした指輪となってしまいます。
キットを使用した場合も、素人に加工できる装飾には限界がありますよね。
しかし工房で職人さんに助けてもらいながら指輪を作成した場合、その限界が限界でなくなります。
デザインの自由度や使用できる素材、埋め込める宝石など、選択肢が格段に広がるのです。
中にはゴールドやプラチナで作成可能な工房もあります。
数ある結婚指輪を準備方法の中でも、工房で職人さんと一緒に自作するという方法は、実質的にもっともデザインの自由度が高い方法であると言えるでしょう。

オーダーメイドの手作り結婚指輪

結婚指輪といえば、ジュエリーショップのショーケースの中から好きな指輪を選ぶのが一般的ですよね。
職人さんの手が加わった立派な手作り結婚指輪であり、プロがデザインしたものですので見栄えも素晴らしいです。
しかし予算に余裕のある人は、そういった完成したデザインの手作り結婚指輪ではなく、自分でデザインした手作り結婚指輪を用意することが一般的ですよね。
予算は高くなっても、自分のデザインした手作り結婚指輪を用意するのに最も簡単な方法となるのが、今回の記事で解説する「オーダーメイド」なのです。
今回はオーダーメイドのメリットとデメリットを、簡単にご紹介します。

まずメリットですが、やはりオーダーメイドは非常にデザインの自由度が高いことがメリットとして最初に挙げられます。
自分の好きなデザインを注文し、基本的に職人さんはそのデザインの通りに指輪を仕上げてくれます。
次に挙げられるメリットは、世界に一つの完全オリジナルの手作り結婚指輪が手に入ることです。
ジュエリーショップの指輪の場合、同じデザインの指輪が存在する可能性が高いです。
しかしオーダーメイドならば、同じデザインはまず存在しないでしょう。
注文者自らがデザインするのですから、当然ですよね。

結婚指輪という特別な指輪ですので、オリジナリティを重視する人は多いです。
完全オリジナルの手作り結婚指輪が手に入るのは、非常に大きなメリットと言えます。
自由度が高い、完全オリジナルである、というメリットは、じつは結婚指輪を指輪作成キットなどで自作した場合にも得られるメリットです。
しかし、自作の場合は使用できる素材や、加工可能なデザインに限界がありますよね。
素人の作業ですので、可能な範囲というものは狭くなってしまうのです。
そういった意味では自作以上の自由度となるでしょう。

オーダーメイドのデメリットは、やはり価格相場が高くなることです。
ジュエリーショップの場合は10万円~数十万円が相場となりますが、オーダーメイドの場合は100万円を超えることも珍しくありません。
天井なしの相場となるのです。
しかしそもそもオーダーメイドを考えている人は、それが大きなデメリットにならないからオーダーメイドを検討している人がほとんどです。
実質的にはデメリットではないのかもしれませんね。

より愛着ある手作り結婚指輪を

結婚指輪という特別な意味を持った指輪において、もっとも大切なポイントとなるのは「愛着」です。
たしかに、100万円もするようなオーダーメイドの指輪を作ったのであれば、それは特別な指輪となるでしょう。
愛着もわいてくるかもしれません。

しかし、なぜその指輪に愛着がわくのでしょうか?
純度の高いプラチナリングにダイヤモンドをふんだんに埋め込んだからでしょうか?
その道を極めた有名な職人さんに依頼して作ってもらった指輪だからでしょうか?
多くの人にとっての理由は、そうじゃないですよね。

なぜ結婚指輪に愛着を感じるようになるのか、その理由はやはり、「結婚式という神聖な儀式で交わす、夫婦の愛を形にした指輪だから」という人が大多数でしょう。
「結婚後も生涯薬指につけ続ける、体の一部のような存在になった指輪だから」という人も多いですよね。
高価な指輪だから愛着がもてる、という価値観の人は、おそらく少数派でしょう。
つまり、どんな指輪であっても、結婚式で指輪交換し、結婚後も普段から薬指につけ続けていることで、愛着は湧いてくるものなのです。

しかし、そんな特別な結婚指輪を、さらに愛着のあるものにする方法があります。
それが自作の手作り結婚指輪です。

デザインから加工まで、全て自分たちの手で行えば、それ自体が良い思い出になりますよね。
素人が作れば傷や凹みが残ってしまうことも多いでしょう。
ゴールドやプラチナの加工は素人には難しいので、シルバーや真鍮と言った比較的低価格な素材の指輪になってしまうでしょう。
しかし、自分たちの手で手作りした指輪であれば、傷や凹みも思い出の跡となります。
安い素材だからといって、結婚する二人にとっての指輪の価値が下がることはありません。
ジュエリーショップで購入した指輪よりも、オーダーメイドで職人さんに作ってもらった指輪よりも、愛着の強い指輪となることでしょう。

結婚指輪というものの本当の価値を追求したい人は、ぜひ自作の手作り結婚指輪を検討してみてください。